相続の税金対策

相続の税金対策

札幌で相続問題でお困りの方へ

親族から相続した家・土地を売却したほうがよいのか、また親から受け継いだ大切な財産なので、残したほうがよいのか、はたまた資産として不動産保有したほうがよいのか、色んな角度から総合的に判断できるようにワンストップのサポートを致します。

以下の相続問題を抱えている方はご相談下さい。

相続した建物や土地を高価で

早期に現金化したい!

相続したが不動産のことが

全く分からない!

相続した土地を

事業用地として活用したい!

両親が暮らしていた家を

賃貸にしたい!

遺産分割協議を

早く終わらせたい!

不動産売却と

相続税対策をしたい!

遠方の相続した不動産を

処分したい!

共有名義で相続した

不動産を売却したい!

他界した両親の荷物を

処分したい!

相続物件を「売却」「放置」のメリット・デメリット

不動産売却した場合のメリット

遺産分割が行いやすくなる場合がある

相続不動産を売却すると、遺産分割が行いやすくなることがあります。不動産単体を誰かが相続するよりも、売却した後の売買代金を法定相続分で分けることで、公平な遺産分割が可能になります。

税負担の軽減【1】

自宅など、相続後一定期間内に自宅などの不動産を売却した場合、譲渡所得が発生しても相続税額に応じて税負担が軽くなる可能性があります。

納税資金の確保

相続税が課税される場合、納税資金の確保が非常に重要となります。

相続不動産を売却し現金化すれば、相続税の納税資金に充てることが可能です。

税負担の軽減【2】

不動産を所有する場合、固定資産税や都市計画税などが毎年課税され続けます。長い将来を考えると、それらの課税がものすごく負担になりますが、売却することで税負担から開放されます。

相続物件を放置した場合のデメリット

複雑な権利関係

相続登記をせず次の相続が発生した場合、相続人が増加します。

これを繰り返していくと、権利関係が複雑になってしまい、相続登記や不動産の売却をするのが困難になります。

固定資産税・都市計画税の負担

不動産の所有者には毎年固定資産税及び都市計画税が課税されます。
また、家屋を取り壊して更地にした場合は、それまでよりも固定資産税及び都市計画税の負担が大幅に増加します。

差し押さえ

相続した不動産に抵当権が設定されている場合は、万が一の時に債権者から差し押さえられる恐れがあります。

ご近所トラブル、景観が悪化

遠方の不動産を相続した場合は、建物管理やメンテナンスを怠ってしまうと、建物の老朽化による倒壊の恐れ、治安の悪化、環境不良、放火などによって近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

相続物件の不動産買取り流れ

STEP① 物件査定

STEP② 買取価格の決定

STEP③ 売買契約

STEP④ 決済

(買取価格をお支払い、引越し)

無料査定【お問合せ】

札幌の不動産売却・査定をご検討の方は、地下鉄東豊線「元町駅」徒歩1分の「あおぞら不動産」までご相談ください。

札幌マンション査定戸建て査定

あおぞら不動産株式会社まで

underbar

札幌のマンション査定、戸建て査定、土地査定のことなら「あおぞら不動産」にお任せください。仕事で転勤になった時の住まいの売却、離婚によって家を売る、借金などで住宅ローンが支払えなくなった場合など、まずは状況をお伺いさせてください。当社では不動産の買取も行っており、お客様に合った最善な不動産売却をご提案いたします。迷った際は「無料査定」からお気軽にお問合せ下さい。