離婚で家を売る

離婚で家を売る

札幌の離婚率は年々増加傾向となっております。夫婦円満であったが人生何が起きるか分からないのが現実です。離婚をすることになった場合「財産分与」で、もめるケースが1番多く、なかでも家などの不動産は、現金や株と異なりその分け方が難しいです。

あおぞら不動産は離婚で伴う不動産売却を、親身になってサポートさせて頂きます。

不動産や住宅ローンはどうなるの?

離婚後の住宅ローンは誰が払っていくのか・・・

不動産(土地・マンション・戸建)は誰の名義にするのか・・・

連帯保証人や連帯者債務者の問題はどうするのか・・・

夫名義の不動産に、妻が住み続ける

住宅ローン 夫が債務者、妻が連帯保証人
離婚後 解決案として、住宅ローンは夫が支払い、妻が住み続ける。
問題 連帯保証人は金融機関との契約なので、容易に変更できない

解決方法

解決案【1】 不動産名義を妻に変え、住宅ローンの名義も妻にて借り換える。但し、妻に一定の収入がなければ住宅ローンを組むことができないので注意。
解決案【2】 夫が住宅ローンを支払う意思がない場合、夫と賃貸借契約を結び、残債を家賃として払ってもらう。

【※注意】夫がそのまま住み続ける場合も、妻が連帯保証人の場合は、夫に返済能力が無くなった場合に妻に返済義務が残りますので、先ずは相談して下さい。

不動産が夫妻共有名義になっている場合は

夫婦で一つの不動産を共有している場合もあります。どちらかが残債を払って残りの人の名義に書き換えても、住宅ローン(残債)が残っている場合は、連帯保証人に支払い義務は残るので気を付けておきましょう。

 

「住宅ローンが残っていれば、婚姻関係がなくなっても、金融機関との相互の関係はなくなりません。お互いに新しい人生のスタートをする為にも不動産売却をしたほうが良いと思います。

「アンダーローン」・「オーバーローン」とは?

住宅ローンの残債額により、売却時の不動産価格が高いか低いかで運命は変わります。

アンダーローンの場合

アンダーローンの場合

住まいを売れば住宅ローンが完済可能です。

住宅ローン残債より住宅の価値が上回る査定結果であれば「アンダーローン」と呼びます。家を売却することで利益が出ます。その利益を「財産分与」として夫婦で分けることが可能です。

オーバーローンの場合

オーバーローンの場合

住まいを売っても住宅ローンが支払えない。

住宅ローンの残債より、不動産の売却額が下回った事を「オーバーローン」と呼びます。この場合は、家を売却してもローンが残ってしまう為、抵当権が残り売却はでません。離婚する夫婦もしくはどちらかが、住宅ローンを支払い続けていくことになります。名義をどうするのか、夫婦どちらが支払うかでもめるケースが多いです。その場合は「任意売却」(任売)という方法があるので金融機関にご相談下さい。

離婚に伴う不動産売却の解決事例

離婚するので自宅を売却したい

自宅を無料査定致します

夫または妻のどちらか自宅に住み続ける

名義変更し賃貸借契約し賃料をローン代わりにする

住宅ローンが残っているが売却したい

オーバーローン、アンダーローンの確認で査定し売却提案します

財産分与はどうするの?

双方のリスクを押えた提案をします

財産分与があり早期に売却したい

早期成約にならない場合、当社で買取る事もあります

この家に住みたくない

心情的に住みたくない場合、賃貸借契約し収益化する

無料査定【お問合せ】

札幌の不動産売却・査定をご検討の方は、地下鉄東豊線「元町駅」徒歩1分の「あおぞら不動産」までご相談ください。

札幌マンション査定戸建て査定

あおぞら不動産株式会社まで

underbar

札幌のマンション査定、戸建て査定、土地査定のことなら「あおぞら不動産」にお任せください。仕事で転勤になった時の住まいの売却、離婚によって家を売る、借金などで住宅ローンが支払えなくなった場合など、まずは状況をお伺いさせてください。当社では不動産の買取も行っており、お客様に合った最善な不動産売却をご提案いたします。迷った際は「無料査定」からお気軽にお問合せ下さい。